ホーム > 過去問題集  > 力学系問題NO.5

力学系問題NO.5

2019年2月28日

お疲れ様です。伊藤です。

前回に引き続き、1級の過去問です。

組合せ応力度の理解度の確認として、気軽にチャレンジしてみて下さい。
ただし、今年の受験を予定されている卒業生・受講生のみなさんには、願わくばスラスラ解いて頂きたいと思います。

力学系NO.5(1級過去問 H29) 図―1のように、脚部で固定された柱の頂部に鉛直荷重N及び水平荷重Qが作用している。柱の断面形状は図―2に示すような長方形断面であり、鉛直荷重N及び水平荷重Qは断面の図心に作用しているものとする。柱脚部断面における引張縁応力度圧縮縁応力度をそれぞれ求めよ。ただし、柱は等質等断面とし、自重は無視する。また、応力度は弾性範囲内にあるものとし、引張応力度を「+」、圧縮応力度を「-」とする。さらに、解答の単位はN/mm2で算出するものとする。

 

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、(必須) が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA