ホーム > 過去問題集  > 応力度について

応力度について

2019年2月22日

お疲れ様です。伊藤です。

本日は、在校生・卒業生のみなさんから、よく質問される応力度について、少しまとめてみたいと思います。今後の勉強の参考になれば幸いです。

まず、応力とは、部材の内部に働く力、すなわち内力のことであり、次のように4つ挙げられます。

①曲げモーメント

②せん断力

③軸方向力(圧縮)

④軸方向力(引張)

 

応力度とは、部材断面に分布している各応力のことです。とりあえず、難しい話は抜きにして、言葉の定義を考えてみたいと思います。

つまり、応力の種類が4つあったのに対応して、応力度も次のように4つ挙げられます(ちょっと、英語はあやしいですが…)。

①曲げ応力度(記号:σb)→ bending stress

②せん断応力度(記号:σs)→ shearing stress

③圧縮応力度(記号:σc)→ compressive stress

④引張応力度(記号:σt)→ tensile stress

ここで、例えば、σbの意味についてですが、σ(シグマ)が応力度を表し、bが曲げ(bending)を表していますので、すなわち、σb → 曲げ応力度となります。

あと、それぞれの応力度には、建築基準法で決められた許容値があり、その値のことを許容応力度といい、記号はfで表します。例えば、許容曲げ応力度は、fbとなります。

 

それから、重要なのが単位です!

単位は、いずれの応力度も単位面積当たりの力(N/cm2など)で表されます!!

 

以上のことを、公式と共にまとめると下記のようになります。ディメンションチェックも記しまたので、確認してみてください。

 

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、(必須) が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA