ホーム > 教員ブログ

学科Ⅴ(施工)(1級過去問)NO.8

2018年12月11日

お疲れ様です。伊藤です。

 

1級建築士学科試験において、個人的に考える各教科の目標点数は以下の通りです。

 

学科Ⅰ 12点/20点満点

学科Ⅱ 15点/20点満点

学科Ⅲ 25点/30点満点

学科Ⅳ 25点/30点満点

学科Ⅴ 18点/25点満点

合 計 95点/125点満点

 

計画と施工については、足切り点(それぞれ11点と13点)を死守するくらいでも、やむを得ないと思っています。それくらい、計画と施工教科の本試験での点数は計算しにくいです。逆に、環境・設備、法規、構造の3教科については、その年度の難易度に関わらず、65点(/80点満点)以上を狙っていきます。

 

施工は、2択までは絞れる問題が非常に多いです。なので、そこから先の問題を解くための記憶の精度ですとかアウトプットのテクニックが必要になります。

そういう意味で、下の問題は典型的な難問(解きにくい問題)だと思います。

 

学科Ⅴ(施工)(1級過去問 H27)

NO.8 工事現場に搬入された建築材料の保管方法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 車輪付き裸台で運搬された外装に使用するガラスは、室内に保管場所がなかったので、裸台に乗せたまま、屋外に防水シートを掛け、雨露等がかからないように養生をして保管した。
  2. 外装に使用するALC薄形パネルは、台木を用いて1.0mの高さに積み重ねて、屋外に防水シートを掛け、雨露等がかからないように養生をして保管した。
  3. 負の摩擦力対応杭(SL杭)を、屋外に長期間保管するに当たり、杭表面に特殊アスファルトが塗布されているので、搬入時の荷姿のまま存置した。
  4. アスファルト防水に使用する砂付ストレッチルーフィングは、屋内の乾燥した場所に、ラップ部分を上に向けてたて積みとし、2段に重ねないように保管した。

 

 

 

(さらに…)

学科Ⅳ(構造)(1級過去問)NO.8

2018年12月10日

お疲れ様です。伊藤です。

 

先週の木曜日(12/6)は、二級建築士製図試験の合格発表日でした。

本校卒業生からも多くの合格者を輩出することができました。合格された方は、今回の結果に満足することなく、さらに上を目指して精進しましょう!!

 

学科Ⅳ(構造)(1級過去問 H27)

NO.8 木造軸組工法による地上2階建ての建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 地盤が著しく軟弱な区域として指定する区域内において、標準せん断力係数C0を0.3として、地震力を算定した。
  2. 風による水平力に対して必要な耐力壁の量は、建築物の階数及び床面積に基づいて算定した。
  3. 1階の耐力壁と2階の耐力壁を、市松状に配置した。
  4. 引張力のみを負担する筋かいとしたので、厚さ1.5cm、幅9cmの木材を使用した。

 

 

(さらに…)

学科Ⅲ(法規)(1級過去問)NO.8

2018年12月05日

お疲れ様です。伊藤です。

 

本日の法規の問題は、是非とも法令集を使わずに解いて頂きたい問題です!!

来年の学科試験突破を目指して勉強されている卒業生・受講生のみなさんにとっては、少し簡単すぎる問題かもしれませんが、こういう問題は絶対に取りこぼさずに得点する心構えを養っていきましょう!!

 

学科Ⅲ(法規)(1級過去問 H27)

NO.8 構造強度に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

1. 建築物の基礎は、建築物に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝え、かつ、地盤の沈下又は変形に対して構造耐力上安全なものとしなければならない。

 

2. 地盤が密実な砂質地盤の場合、その地盤の短期に生ずる力に対する許容応力度は、400kN/㎡とすることができる。

 

3. 木材の繊維方向の長期に生ずる力に対する曲げの許容応力度は、原則として、木材の種類及び品質に応じて国土交通大臣が定める曲げに対する基準強度の1/3である。

 

4. 径28mm以下の異形鉄筋をせん断補強に用いる場合、短期に生ずる力に対する引張りの許容応力度の数値の上限は、390N/mm2である。

 

 

(さらに…)

学科Ⅱ(環境・設備)(1級過去問)NO.8

2018年12月04日

お疲れ様です。伊藤です。

 

本日は、学科Ⅱ(環境・設備)ですが、学科Ⅰ(計画)と共に20点満点であり、個人的には、計画は足切り(11点未満)にならなければ良しとして、環境・設備は難易度にかかわらず15点は得点する必要があると思っています。

 

そういう意味で、下のような問題は、是非とも得点したい部類の問題の一つです。

例によって、気軽に解いてみて下さい。

 

学科Ⅱ(環境・設備)(1級過去問 H28)

NO.8 定常状態における室内の二酸化炭素濃度を上限の基準である1,000ppm以下に保つために、最低限必要な外気の取入量として最も適当な値は、次のうちどれか。ただし、人体一人当たりの二酸化炭素発生量は0.024㎥/(h・人)であり、人体から発生した二酸化炭素濃度を400ppmとする。また、隙間風は考慮しないものとする。

 

1. 20㎥/(h・人)

2. 30㎥/(h・人)

3. 40㎥/(h・人)

4. 50㎥/(h・人)

 

 

(さらに…)

学科Ⅰ(計画)(1級過去問)NO.8

2018年11月30日

お疲れ様です。伊藤です。

 

ブログ欄が新しくなりましたが、現在、調整中です。正しく表示されない状態となっておりますが、何卒ご了承下さい。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

さて、早速ですが、建築士試験過去問紹介を継続して行きたいと思います。

過去の問題につきましては、トップページの「過去の教員ブログ」から参照頂けますので、よろしくお願い致します。

 

学科Ⅰ(計画)(1級過去問 H28)

NO.8 建築物の保存、再生、活用等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 東京駅丸の内駅舎(東京都千代田区)は、赤レンガのファサードをもつ駅舎であり、特例容積率適用地区制度を活用して、未利用容積を周辺建築物に売却・移転したうえで、保存・復原したものである。

2.目黒区総合庁舎(東京都目黒区)は、民間企業の本社屋として建築された建築物を、耐震補強、設備改修等を行ったうえで、庁舎として再生・転用したものである。

3.神奈川県立近代美術館鎌倉館(神奈川県鎌倉市)は、竣工時の形状を損なうことなく地震に対する安全性を高めるため、免震レトロフィット工法を採用し、保存・改修したものである。

4.旧門司税関(福岡県北九州市)は、明治・大正時代の歴史的建造物を活かしたまちづくりである「門司港レトロ事業」の一環として、明治45年に建築された税関庁舎を、港湾緑地の休憩所等として再生・活用したものである。

 

 

(さらに…)