目指せ二級建築士 2019年4月、「通信課程」開講!受講生募集中!詳細はこちら

インフォメーション

  • 目指せ“二級建築士”! 2019年4月、「通信課程」開講!二級建築士受験科(通信教育制)開講のお知らせ 二級建築士受験科(通信教育制)は、主に社会人の方や大学に在学中の方等を対象にしており、 働きながら、通学しながら受講して頂くことで、二級建築士の受験資格が得られるというものです。 月1回程度のスクーリング(出校)が必要になりますが、基本的にはインターネットを利用したオンデマンド映像や画像等による在宅での受講となります。 詳しい募集要項等につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。   概 要 ■入学(受講)資格 ・高等学校卒業(見込含む)以上またはこれと同等以上の学力を有する者とする ■学費(受講費) ・入学金/40,000円(初年度のみ) ・学費/360,000円 ※なお、留年時の授業料は上記学費の半額とする ■スクーリング(出校)回数 ・原則として月1回(土日連続して1回とカウント) ■修業年限 ・2年(ただし、各学年で1回(計2回)までの留年は可) PDF資料ダウンロード ●2019年度カリキュラム ●2019年度シラバス シラバスに記載のe-講義サンプル動画はコチラになります。 ●2019年度時間割 ●2019年度行事予定 (4/13(土)のオリエンテーションの時間は、9:00~12:00となります。)   募集科名 ●科名/二級建築士受験科(通信教育制) ●修業年限/2年 ●定員/20名   出願資格・出願方法 出願資格 ○高等学校卒業以上、又はこれと同等以上の学力を有する方 出願書類 1.入学願書 2.卒業証明書等 ①高等学校卒業者は、「卒業証明書」、卒業見込者は、「卒業見込証明書」 ②大学・短期大学・専門学校の卒業者は、「卒業証明書」、卒業見込者は、「卒業見込証明書」 ③大学入学資格検定の合格者は、「合格証明書」「成績証明書」 3.写真1枚(タテ3.5cm ヨコ3cm) ※願書に添付 4.選考料 ■選考方法/書類選考のみ ■出願期間/平成31年2月1日~平成31年4月4日(受付時間 午前10時 ~ 午後4時まで) ■入学選考料/10,000円 ■合格通知/選考後1週間以内に、本人に文書によって合否を連絡します。また、同時に入学書類などを郵送します。   出願時の注意 1/出願書類と選考料を直接持参するか郵送して下さい。 (郵送の場合、出願書類は簡易書留、選考料は現金書留で別途お送り下さい。) 2/写真は3ヶ月以内に写したものとします。 提出先 〒010-0065 秋田市茨島一丁目4-71 秋田建築デザイン専門学校 入学願書受付係   お問合せ先 学校法人峰本学園 秋田建築デザイン専門学校 二級建築士受験科(通信教育制) 担当 山田・伊藤 〒010-0065 秋田市茨島一丁目4-71 TEL 018-824-0515 FAX 018-866-7028 お問い合わせフォームはこちら  
  • 2019年度の建築士試験独学支援講座について2019年度の二級建築士設計製図試験対応の独学支援講座は、通信コースのみの開講となります。詳細につきましては、後日、ホームページ更新の際に掲載しますが、概要は下記の通りです(本講座は、作図したA2版の製図用紙をA3版に縮小コピーし、その図面データをメールに添付することで、やり取りを行います)。   【受講費など】 前期(2~5月)4万円(1ヶ月 1課題 月初めに課題送信) 後期(6~9月)6万円(プレ試験+4課題(計5課題)) ※製図用紙20枚セット(エスキス用紙20枚付き)2千円   以上となりますが、受講申込および詳細等、ご不明な点につきましては、トップページのメールフォームよりお問い合わせ下さい。    

過去問題集

  • 学科Ⅲ(構造)(2級過去問)NO.11お疲れ様です。伊藤です。 本日は、構造です。 断面二次モーメントの問題を勉強していきたいと思います。 まずは、断面時モーメントの公式 I=bh3/12(長方形断面の場合)は、絶対暗記です。その上で、求めようとする軸と断面の図心軸が一致している場合は、断面二次モーメントの値の足し引きが出来ますが、ズレている場合は足し引きが出来ませんので注意が必要です。 下記の問題の解説において、解法2)が図心軸がズレている場合の求め方なので、参考にしてみて下さい。 あと、学科本試験では電卓が使用禁止ですので、下記の問題のような場合の計算の練習をしておく必要があります。特に、0の数が多くなるときは、あせあらずに確認しながら計算しましょう。ケアレスミスに注意して、必ず検算も行いましょう。   学科Ⅲ(構造)(2級過去問 H27) NO.11 図のような断面A及び断面Bにおいて、X軸に関する断面二次モーメントの値の差の絶対値として、正しいものは、次のうちどれか。  240×103mm4  585×103mm4 1,170×103mm4 1,215×103mm4 2,340×103mm4  
  • 学科Ⅱ(法規)(2級過去問)NO.11お疲れ様です。伊藤です。 本日は、法規です。 今の時期としては、最適な難度の問題だと思います。 例によって、気軽にチャレンジしてみて下さい。   学科Ⅱ(法規)(2級過去問 H27) NO.11 図のような敷地及び建築物(3階建、各階の床面積100㎡、延べ面積300㎡)の配置において、建築基準法上、新築することができる建築物は、次のうちどれか。ただし、特定行政庁の許可は受けないものとし、用途地域以外の地域、地区等は考慮しないものとする。 飲食店 事務所兼用住宅(1階が事務所、2階及び3階が住宅) 保健所 カラオケボックス 旅館    
  • 学科Ⅰ(計画)(2級過去問)NO.11お疲れ様です。伊藤です。 今回から、また各教科の建築士学科試験の過去問を紹介していきたいと思います。 少しでも、2019年度に受験される卒業生・受講生のみなさんのお役に立てれば幸いです。 合格を目指して頑張って行きましょう!!   学科Ⅰ(計画)(2級過去問 H29) NO.11 室内の空気環境に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 室における全般換気とは、一般に、室全体に対して換気を行い、その室における汚染質の濃度を薄めることをいう。 温度差換気において、外気温度が室内温度よりも高い場合、中性帯よりも下方から外気が流入する。 居室の必要換気量は、一般に、居室内の二酸化炭素濃度の許容値を基準にして算出する。 居室において、一般に、一酸化炭素濃度の許容値は、0.001%(10ppm)である。 日本工業規格(JIS)及び日本農林規格(JAS)において定められているホルムアルデヒド放散量による等級区分の表示記号では、「F☆☆☆」より「F☆☆☆☆」のほうが放散量は小さい。    
  • トラスの軸方向力が0になる部材の見つけ方お疲れ様です。伊藤です。 今回は、トラス部材の軸方向力が0になる部材の見つけ方を勉強していきます。 以下に要点を記しますので参考にしてみて下さい。また、解説の途中で図式解法についても触れていますので、そちらのほうも参照してみて下さい。  
  • 力学系問題NO.7(トラス)お疲れ様です。伊藤です。 今回(切断法)と次回(その他の方法)の2回で、トラスの基本事項について勉強していきたいと思います。 「トラス」は、最初のうちは得意・不得意が明確に分かれる分野ですが、最終的には全員必ず得点源にできます。 まずは、下記の問題を解いてみて下さい。 例によって、スラスラ解けるようであれば、この種の問題についての実力は十分に備わっていますので、あとはその実力を本試験まで維持することに努めましょう。 力学系NO.7(2級過去問 H26) 図のような外力を受ける静定トラスにおいて、部材Aに生じる軸方向力の値を求めよ。ただし、軸方向力は、引張力を「+」、圧縮力を「-」とする。  
  • 三角比について(その2)お疲れ様です。伊藤です。 前回の三角比の続きです。 三角比が3:4:5の場合について、以下に記しますので参考にしてみて下さい。 ※以上の点を踏まえて、次回からは「トラス」の問題を解いていこうと思います。
  • 三角比についてお疲れ様です。伊藤です。 本日は、学生のみなさんからよく質問される三角比について考えてみたいと思います。力学においては、「力の分解」や「トラスでの斜材の軸方向力」を求めるときなどに、三角比を使います。 cos30°やsin60°などが瞬時に頭に思い浮かぶ状態であれば何も問題はないのですが、そうではない場合について考察します。 まず、主な直角三角形の比(3:4:5など)は覚えなければなりません。 その上で、下記を参照してみて下さい。 いかがでしょうか? やや理屈っぽい感じもしますが、力の分解などで、どうしても三角比の計算があいまいだという方は、試してみて下さい。 何かありましたら、ご一報下さい。 (umipopo400@gmail.com 伊藤竹志)
  • 力学系問題NO.6お疲れ様です。伊藤です。 今回で、とりあえず組合せ応力度の問題は終了となります。 今までの解法の確認として、例によって気軽にチャレンジしてみて下さい! (下記の問題において、実際は「公式」がヒントとして示されていますが、ノーヒントで解いてみて下さい!!) 力学系NO.6(2級過去問 H28) 図のような荷重を受ける単純梁に、断面90mm×200mmの部材を用いた場合、A点の断面下端に生じる縁応力度σの値を求めよ。ただし、引張応力度を「+」、圧縮応力度を「-」とし、解答の単位はN/mm2で算出するものとする。なお、部材の断面は一様で、荷重による部材の変形及び自重は無視するものとする。    
  • 力学系問題NO.5お疲れ様です。伊藤です。 前回に引き続き、1級の過去問です。 組合せ応力度の理解度の確認として、気軽にチャレンジしてみて下さい。 ただし、今年の受験を予定されている卒業生・受講生のみなさんには、願わくばスラスラ解いて頂きたいと思います。 力学系NO.5(1級過去問 H29) 図―1のように、脚部で固定された柱の頂部に鉛直荷重N及び水平荷重Qが作用している。柱の断面形状は図―2に示すような長方形断面であり、鉛直荷重N及び水平荷重Qは断面の図心に作用しているものとする。柱脚部断面における引張縁応力度と圧縮縁応力度をそれぞれ求めよ。ただし、柱は等質等断面とし、自重は無視する。また、応力度は弾性範囲内にあるものとし、引張応力度を「+」、圧縮応力度を「-」とする。さらに、解答の単位はN/mm2で算出するものとする。  
  • 力学系問題NO.4お疲れ様です。伊藤です。   本日は、圧縮応力度と曲げ応力度との組合せ応力度についてです。 この種の問題は、1級で問われることが多いです(後日紹介しますが、H28年度に2級でも出題されました)。 ポイントとしましては、「圧縮応力度σcと曲げ応力度σbを求める公式を暗記しているかということ」と、「それぞれの縁応力度の和を求める際に正負の符号に注意するということ」です。 解法の手順さえ覚えてしまえば、解きやすい部類の問題に入ると思います。   力学系NO.4(1級過去問 H26) 図―1のような底部で固定された矩形断面材の頂部の図心G点に鉛直荷重P及び水平荷重Qが作用するときの底部a―a断面における垂直応力度分布が、図―2に示されている。PとQとの組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。ただし、矩形断面材は等質等断面で、自重は考慮しないものとする。    
  • 応力度についてお疲れ様です。伊藤です。 本日は、在校生・卒業生のみなさんから、よく質問される応力度について、少しまとめてみたいと思います。今後の勉強の参考になれば幸いです。 まず、応力とは、部材の内部に働く力、すなわち内力のことであり、次のように4つ挙げられます。 ①曲げモーメント ②せん断力 ③軸方向力(圧縮) ④軸方向力(引張)   応力度とは、部材断面に分布している各応力のことです。とりあえず、難しい話は抜きにして、言葉の定義を考えてみたいと思います。 つまり、応力の種類が4つあったのに対応して、応力度も次のように4つ挙げられます(ちょっと、英語はあやしいですが…)。 ①曲げ応力度(記号:σb)→ bending stress ②せん断応力度(記号:σs)→ shearing stress ③圧縮応力度(記号:σc)→ compressive stress ④引張応力度(記号:σt)→ tensile stress ここで、例えば、σbの意味についてですが、σ(シグマ)が応力度を表し、bが曲げ(bending)を表していますので、すなわち、σb → 曲げ応力度となります。 あと、それぞれの応力度には、建築基準法で決められた許容値があり、その値のことを許容応力度といい、記号はfで表します。例えば、許容曲げ応力度は、fbとなります。   それから、重要なのが単位です! 単位は、いずれの応力度も単位面積当たりの力(N/cm2など)で表されます!!   以上のことを、公式と共にまとめると下記のようになります。ディメンションチェックも記しまたので、確認してみてください。  
  • 力学系問題NO.3お疲れ様です。伊藤です。 前回に引き続き、応力度の問題ですが、今回は「曲げ応力度」と「せん断応力度」を求める問題です。 本日、初めて出現する『最大せん断応力度』なるものについてですが、最後に長方形断面の場合は、3/2倍、すなわち、1.5倍することを忘れないようにしましょう! 今の時期の力試しとして、下記の問題にチャレンジしてみて下さい。例によって、スラスラ解けるのであれば、かなりの実力があると考えていいと思います。 (もう、何度も書いていることですが、大切なのは「復習」です。最初は解けなかった問題も、今度・この次、同じ問題が出たときこそは、必ず解けるようになっておくことが重要です!!)   力学系NO.3(2級過去問 H21) 図のような荷重を受ける単純梁に、断面60㎜×100㎜の部材を用いた場合、その部材に生じる最大曲げ応力度の大きさと最大せん断応力度の大きさとの組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。ただし、部材の自重は無視するものとする。
  • 力学系問題NO.2お疲れ様です。伊藤です。 前回に引き続き、応力度(曲げ材の検討)の問題です。 前回(H25)の過去問と比べると、本日の問題のほうが難易度としては数段難しくなっています。その理由として、次の2つが挙げられます。 ①作用している荷重が「等分布荷重」であること ②その場合の単純梁における最大曲げモーメントの値を求めなければならないこと 力学の問題において使用する公式は、いつも決まっています。そして、公式は絶対に暗記しておかなければなりません。まず、暗記です。公式を覚えることが、力学の問題を解くにあたっての必須事項になります。その上で、例えば本問のように、単純に公式に数値を代入するだけではなくて、最大曲げモーメントの値を求めるなどの「ひと手間」が必要になる場合があります。 もう何度も書いてますが、初見では難解に思える問題も繰り返し解き直すうちに、初見ほどの難解さは薄れていくはずです。そして、最後には遂に得意な問題へと変わります。この過程は、RPGに出てくる難敵に対しての行動に似ていると思っています。最初は全然歯が立たない敵ボスも、何度も戦闘を繰り返してレベルを上げて、いろんな武器や魔法を手に入れてスキルアップすることによって、あっさり倒せるようになります。ただ、ゲームは楽しいので、それこそ何百回、何千回と同じ行動を繰り返してレベル上げすることが、それほど苦にはなりませんが、基本的に勉強は楽しくないので、そんなに繰り返し解くことはしません(自分の場合ですが)。 よく過去問を3回(3周)解くことを基本とした勉強スケジュールを目にしますが、個人的には全く足りないと思っています。やっぱり、学科試験突破を確実なものとするのであれば、最低10回(10周)を目指すべきです。 ちょっと、話が長くなりましたが、下記の問題がスラスラ解けるようであれば、力学的な実力については全く問題ないと思われます。   力学系NO.2(2級過去問 H26) 図のような等分布荷重を受ける単純梁に断面75mm×200mmの部材を用いた場合、A点の最大曲げ応力度が1N/mm2となるときの梁の長さℓの値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、部材の断面は一様とし、自重は無視するものとする。    
  • 力学系問題NO.1お疲れ様です。伊藤です。 今回から、力学系の問題を少し集中的に取り扱っていこうと思います。 1回目の本日は、よく質問される応力度の問題です。初めのうちは難解に思える問題も、くり返し解き直すことによって、得意な問題に変わるはずです。下記の問題は、よく出題される形式です。今の時期、このような問題がスラスラ解けるのであれば、力学系の問題に対しては、かなりの自信を持っていいと思います。   力学系NO.1(2級過去問 H25) 図のような長方形断面を有する木造の梁のX軸についての許容曲げモーメントとして、正しいものは、次のうちどれか。ただし、梁材の許容曲げ応力度は、12 N/㎜2とする。    
  • 学科Ⅴ(施工)(1級過去問)NO.10お疲れ様です。伊藤です。   本日の学科Ⅴ(施工)は、防水工事の基本問題です。 アスファルト防水工事とその他の工事との違いなどは頻出の項目ですので、よく確認しておきましょう!   学科Ⅴ(施工)(1級過去問 H27) NO.10 防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 アスファルト防水工事において、防水下地の入隅及び出隅については、通りよく45度の面取りとした。 アスファルト防水工事においては、パラペット等の保護コンクリートに設ける伸縮目地の割付けについては、パラペット等の立上り部の仕上り面から600mm程度とし、中間部は縦横の間隔を3,000mm程度とした。 塗膜防水工事において、防水材塗継ぎの重ね幅を50mmとし、補強布の重ね幅を100mmとした。 シーリング工事において、2成分形シーリング材は、1組の作業班が1日に行った施工箇所を1ロットとして、ロットごとに別に作成したサンプルにより、定期的に練混ぜ後の硬化状態を確認した。    

CMギャラリー

放映中のCMをご覧いただけます

動画

新CM:2015年ver

CMアーカイブ:用語ver薔薇ver

Ver_AVer_BVer_C

カタログ

本校の情報が満載のパンフレットをダウンロードいただけます。

>PDF(8.6MB)

資料請求はこちら

見学会
  • お問い合せ
  • メールフォームから送信できない方は、お手数をおかけしますがこちらからお問合せください。

    (メーラーが立ち上がります)

  • 卒業生の皆様へ
  • 企業・採用担当者様